授業中などの為、お電話番号は070-4436-3251 にて伝言を承っております。メッセージを残して頂けますと折り返しご連絡させて頂きます。

入院3日目|早朝

おはようございます。
早朝といっても、実際は夜中の2時半くらいから起きているので、真っ暗の中で過ごしていたので、ようやく日が昇った感があります。

快晴…。 (;゚Д゚)ツーリング日和の日曜日!!!

(‘ω’)ノ 酷い・・・

これだけ寝て、休むとさすがに、バリバリ仕事できそうという体力的なスタミナは回復しているのだけど、一か所の不具合がこういう状態を生み出してしまう。仕方ない。

安静であること。真夜中に寝る以外に何ができるのか。
寝れない時に何をすればいいのか。
ちなみに、身体にはミニ心電図が常についており、左手には点滴刺さりっぱなしだから、あんまり動けない。
常にモニタリングされているので、ちょと顔洗うのに、センサーを外すと、看護師さんが来てチェックされる。
チェックされるのは良いのだけど、仕事の邪魔をしているみたいで申し訳無い。

瞑想でもと行うと、点滴マシンの3秒に1度の、カッチン という音も同時に頭に入ってきて集中できない。
因みに、点滴は【ソルアセトF輸液】が60ml/L のピッチで注射針をたどって体内に入ってくる。

ソルアセトF輸液は、 人間の体液を補うもので、基本、水。電解質された。

なので、点滴を見た時に、水飲んじゃダメなのか?とも思ったけれども…。
入院してから、水分の摂取量が大幅に減った感ある。
点滴のおかげで、飲まなくてもいい状態になっているのも大きいけれど。

ただ、この常に点滴と繋がれている事による動きの抑制が凄くて…。
寝ころびながらテレビも見れるけど、テレビ見た所で、何かみたいようなモノがある分けでもなし。

ちなみにホテルや病院とかだと、テレビとかって、テレビカードを買ってみたいな感じでしょう?
もちろんそんなものを使わずにテレビも有料テレビも見放題だ(‘ω’)ノ

こういう知識だけはあるんだ。

結局、真夜中に考え事くらいしかできない。
で思った訳だ。

今回の件があったからという訳じゃないけど、前から遺書と書籍は残さないとと思ってたんだ。

遺書は公的な遺言書的なのじゃなくて、私の終わらせ方と手順になる。
例えばHEARTSの閉じ方とか、銀行の事とか、有事の際に、やはりここが独身者の怖い所で
私が飛んだあとに各種解約手続きしてくれる人が居ないのは困る。

あと1つは、以前にも書いた パパの教え シリーズだ

これは、私が娘っ子に 4歳から教え始めた、学びの基本を指すもので、そこには大人から学ぶではなく、自らの中から答えを導き出すというのが根幹にあり、全てにおいて問題を自ら定義し、それに対して答えを多角的に考える基本の人間性を育む為の書となる。
これは、私が死んでも残したいなぁ(‘ω’)ノ

第一章:私と自分と自信
第二章:家族と友人との絆
第三章:努力と忍耐
第四章:真実と現実。誠実さと倫理
第五章:教育と学び

というような章の中にさらに節があり、章だけでも40以上ある。

(‘ω’)ノ暇であっても書くことそのものが相当大変。

でも、残しときたいなと思った。

さっき、看護助手の方がお茶を持ってきてくれました。
本当に、日曜日の早朝から、お手数をおかけします。

こんな、どうしようもないバカの為に、日曜日の朝からお茶を持ってきてくれて。

(;゚Д゚)ゴメンね。 あと1時間後に来る朝食が今は一番楽しみです。

(;゚Д゚) どうしようもなく楽しみです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
INDEX